吉田塗工のキャラクター[PaintDog] 塗装スペシャリスト有限会社吉田塗工(よしだとこう) 塗装のホント教えます。 お問合せ電話番号:028-672-3660 お見積り・ご相談・問い合わせは、こちらのお問合せフォームへ
塗装実績 塗装工程 塗装価格 塗装Q&A 会社概要 HOME

塗装Q&A MENU
塗装Q&A について
塗装を知ろう!
塗装技術に関する質問
塗装サービスに関する質問
吉田塗工のこだわり
シックハウス症候群対策
インターネット見積・ご紹介特典
悪徳業者の見分け方
その他
シックハウス症候群対策
 居住空間における建材・家具等から発生する化学物質による健康被害がここ数年大きな社会問題となっています。 また、平成15年7月1日よりシックハウス対策のために、一部塗料の使用禁止、もしくは使用が制限される規制が開始されました。 当社では、有害化学物質を無害にする塗料のご提案もしています。新築・リフォームをご検討の方は、ぜひ、お考え頂きたい問題です。

室内環境汚染問題とは!?
 建材や家具等から発生する化学物質により健康被害が起きて社会問題になっています。これがいわゆる「シックハウス症候群」と呼ばれているものです。
この原因として・・・
  1. 現代の住居は通気性がなく、自然の換気量が減少している。
  2. 建材、家具、×器の仕上材として様々な科学物質を使用され、それが揮発し放散している。

 これらの環境で悪影響を受けた居住者の症状は「くしゃみ」「鼻炎」「目脂」など更に重症にになると「頭痛」や「ぜんそく」を引き起こすなどほとんどが粘膜や呼吸器に異常を訴えるたものです。
↑TOP


シックハウス症候群を引き起こす原因とは!?

 過去、一般的には室内で増殖したカビ、ダニの死骸やチリ、ホコリ等が原因とされていましたが、最近の見識では「ホルムアルデヒド」「クロルピリホス」などの有害化学物の発散がその原因とされています。

 よって、平成15年7月1日から建築基準法が改正されました。(国土交通省)
居室では「クロルピリホス」を含有した材料は全面使用禁止、「ホルムアルデヒド」に関しては発散速度に応じて材料毎に第1種〜第3種まで分類され、第1種は全面使用禁止、第2種・第3種は使用面積制限を受けることになります。

↑TOP


Checkpoint 
 当社では「クロルピリホス」を含有した塗料は一切使用しておりません。
 当社では「ホルムアルデヒド」の放散量の制限を越える塗料を使用しておりません。

ご参考:使用が制限されている塗料名

一 般 名 称

規 格 ホルムアルデヒド
放散量区分
油性調合ペイント(OP) JIS K 5511相当 第3種(F☆☆☆)
合成樹脂調合ペイント(SOP) JIS K 5516 1種 第3種(F☆☆☆)
合成樹脂調合ペイント(SOP) JIS K 5516 2種 上塗り用 第3種(F☆☆☆)
フタル酸樹脂エナメル(FE) JIS K 5572 1種 第3種(F☆☆☆)
木部用下塗り用調合ペイント JASS18 M-304 第3種(F☆☆☆)
一般用さび止めペイント JIS K 5621 1種 第3種(F☆☆☆)
一般用さび止めペイント JIS K 5621 2種 第3種(F☆☆☆)
合成樹脂調合
ペイント系防カビ塗料
JIS K 5516 1種相当 第3種(F☆☆☆)
※さらに詳しい情報は、国土交通省「改正建築基準法に基づくシックハウス対策コーナー」をご覧下さい。

paintdog
今、現在、シックハウスでお悩みの方は、あきらめないでご相談ください。
有害物質を無害にする塗料をご提案いたします。
吉田塗工にお任せください!
[吉田塗工のこだわり塗料紹介へ]


↑TOP

Copyright (C)2003 有限会社 吉田塗工 All Rights Reserved.